ロボアドバイザー

マメタスにはメリットあり!使って分かった注意点や手数料・口コミなど解説

マメタスは普段のお釣りを貯めることができるサービスです。

貯めたお金はウェルスナビ(Wealthnavi)というロボアドバイザーで投資して、増やしていくことになります(元本保証ではありません)。

山斗
山斗
コツコツ増やしていけますし、ドンと大きな金額が必要ないので少額から始めたい人にはお勧めだよ。

実際に使ってみましたので、どんな感じなのか?注意点やメリット・手数料・口コミなどを詳しく紹介します。

マメタスとは?仕組みを徹底解説

マメタスはお釣りを貯めてウェルスナビで投資するためのアプリですが、Moneytreeという家計簿アプリと連携して使うことになります。

Moneytreeから情報を取得してくるという使い方になるわけですね。

マメタスで100円、500円、1000円のどれかを設定しておけば、Moneytreeに登録しているカードで買い物をしたときの差額がお釣りとして貯められます。

例えば380円の買い物をした場合、以下のお金が貯められていくわけですね。

100円の設定なら:20円

500円の設定なら:120円

1000円の設定なら:620円

これが1万円を超えたらェルスナビに送金されて、ウェルスナビのアルゴリズムで運用していくことになります。

お金は実際にマメタス内で貯められていくわけではなく、計算上貯められていくだけなので、1万円以上になった段階で登録している口座からその金額がウェルスナビに送金されるというシステムです。

ウェルスナビに送金されるタイミングですが、1万円を超えたらすぐにではなく、毎月指定している期日のタイミングで1万円を超えていたら送金になります。

図で表すとこんな感じです↑。

マメタスの口コミや評判は?


こんな感じで、ちょこちょこ貯まってくのが楽しくて使っている人が多いですね。

山斗
山斗
悪い評判はなかったよ。

毎月1万円以上積み立て投資する人はウェルスナビの基本機能でありますので、それ以下の少額積み立てをしたい人に人気のアプリです。

マメタスの4つのメリット

マメタスを利用すると少額からウェルスナビに投資ができる

ウェルスナビを利用したいけど、初期投資金額が大きくて迷っている人もいるでしょう。

銀行口座から直接ウェルスナビに入金する場合には最低10万円以上が必要です。

ですがマメタスを利用すると1万円から投資が可能になります。

ウェルスナビはロボアドバイザーの投資信託であり、できれば初期に大金をつぎ込むより、積み立て型で定期的に投資していく方が安定して結果が出やすい仕組みになっています。

毎月10万円を積み立てる人には問題ありませんが、少額投資をしたい場合に、初期に10万円を突っ込んでしまうと、その時の相場状況に大きく左右されることになりますよね。

ですので少額投資したい場合は初期の入金も少額である方が安定しやすくなります。

山斗
山斗
1万円から利用できるということであれば、やりたい人の幅も広がるよね。

一度設定しておけば自動でコツコツ積み立てできる

はじめに設定さえしておけば、あとは自動でお釣りが貯められていくので完全放置でもOKです。

ウェルスナビでの投資も完全自動なので、たまに状況を見る位で放置になります。

忙しい人や面倒くさがりの人には向いていますね。

投資に回したくないお釣りは削除できるし、逆に増やすこともできる

お釣りの額が大きくなり過ぎた場合など、投資に回したくないお金が出てきた場合にはマネタス上で削除すればOKです。

削除した分は差し引かれてウェルスナビに送金されることになります。

逆に投資額が少なかった場合には、後で追加することも可能です。

ここの赤枠の「100+」をタップすれば好きなだけ追加が可能です。

お釣りだけでなく毎日の積み立ても可能

マメタス設定の「デイリー積立の設定」の所で、毎日の積立金額を選ぶことができます。

毎日100円を選択しておけば、30日で3000円分がお釣りに上乗せされます。

MoneyTreeにクレカを設定して、お釣りを貯めていくというシステムが面倒な人はココの設定だけでもお金を貯めて少額投資ができるので嬉しいですね。

マメタスの注意点やデメリットなど

便利そうなマメタスですが、デメリットもあるので確認しておきましょう。

マメタスでは1万円以上貯まらないとウェルスナビに送金されない

マメタスを使ってウェルスナビに送金する場合、1万円以上の入金でウェルスナビでの投資が始まるとお話ししました。

それ自体は少額投資ができて良いのですが、マメタスで1万円以上貯まらなかった場合には、ウェルスナビに送金されず翌月に持ち越しになります。

ですので毎月平均して4000円ずつお釣りが溜まっている場合には、3ヶ月に1回くらいのペースでウェルスナビに送金されることになります。

毎月ちょこちょこ投資出来る方が安定には繋がりますが、マメタスではこのように1万円以下の場合は持ち越しされる仕組みになっています。

MoneyTreeと連携しないと使えない

マネーフォワードを利用している人や、Moneytreeを使用したくない人もいるかもしれませんが、マメタスで積立投資するためにはMoneyTreeとの連携が必須です。

お釣り積立ではなく、毎日100円などの決まった積立額を設定して投資するだけでもMoneyTreeとの連携が必須なのは面倒ですね。

随時追加の機能に確認がない

先ほど赤枠の部分を押せば、100円分を積立出来ると言いましたが、このボタンは押すとすぐに積み立てられます。

確認ボタンが表示されずにいきなり追加されるので、意図せず当たってしまった場合にはちょっとびっくりします。

ただミスった場合には後で削除もできるのでそこまで大きなデメリットではないですが、気づかずに放置しておくと予定より大きな金額が積み立てられることになりますね。

マメタスの登録と設定・使い方を解説

ウェルスナビに登録していない人は使えないので、まずウェルスナビに登録してください。

マメタス by WealthNavi(ウェルスナビ)
マメタス by WealthNavi(ウェルスナビ)
開発元:WealthNavi Inc.
無料
posted withアプリーチ

マメタスのアプリをダウンロードします。

ウェルスナビのログイン情報を使ってログインしてください↑。

MoneyTreeと連携します。アカウントを持っていない場合は「Moneytreeに新規登録」の方を押してアカウントを作成してから連携してください。

マメタスアプリの右下にある「・・・」をタップした後、「残りのステップを完了させましょう」のボタンを押します↑。

右側に緑色のチェックが付いたものとついていない物があると思いますが、付いていないものをタップして、「お釣りを入金する」以外の設定を完了させてください。

これで投資までの準備は完了です。

あとはお釣りの設定や毎日積立金額の設定になります。

上の画像の要領で「・・・」⇒「マメタス設定」を押します↑。

上の画像の赤枠部分でおつりの設定と1日の積立額の設定をすることができます。

あとは放置しておけば、自動でウェルスナビに投資されていきます。

簡単ですね。

マメタスのQ&A

マメタスでお釣りはいくら位貯まる?

お釣りの設定によってだいたい平均で以下位の金額が貯まります。

100円⇒1ヶ月1800円

500円⇒1ヶ月9000円

1000円⇒1ヶ月18000円

ただこれは利用する人のクレカ利用頻度によるので、平均値とお考え下さい。

マメタスの利用に手数料はかかるの?

マメタスには手数料はかかりません。

取り合えず使ってみて合わなければ辞めるというのも可能です。

マメタスの解約方法は?

マメタスのお釣り明細を全て削除する

⇒デイリー積立とお釣りの設定を止める

⇒Moneytreeでマメタスの連携を解除する

⇒マメタスアプリをスマホから削除する

これでOKです。

まとめ

少額投資で完全放置をしたい人におすすめのマメタスを紹介しました。

ウェルスナビを使いたいけど金額の問題で使えなかった人は使ってみてください。

ロボアドバイザー以外にも税制上のメリットの大きい「つみたてNISA」もありますよ↓。

つみたてNISAを始める前に!仕組みとメリットデメリットを正しく把握しようつみたてNISAは最近あちこちで見かけるようになってきましたね。 実際メリットが大きいので非常に魅力的ですが、デメリットや注意点も...

ウェルスナビなど通常の投資は利益に対して約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAではそれが最大20年間非課税になります。

非課税のメリットは非常に大きいので、知らなかった人は確認の価値ありだと思います。

山斗
山斗
楽天ポイントを使ってつみたてNISAで積立投資もできますよ。
楽天ポイントの使い道がない?期間限定ポイントなどお得な使い方を解説楽天ポイントは還元率が高いのでどんどん貯まっていきますよね。 でも楽天ポイントには期間限定ポイントなどもあったりし...