モバイル決済

メルペイの設定と銀行口座を登録しチャージする方法!登録のメリットや最低金額など

この記事ではスマホ決済サービス「メルペイ」のインストール・設定から銀行口座の登録・チャージの方法まで解説していきます。

銀行口座を登録するメリットや銀行チャージの最低金額なども紹介していきます。

メルペイのインストールから登録・設定まで

「メルペイ」というアプリがあるわけではなく、メルカリアプリの中に「メルペイ」がありますので、メルカリのアプリを持っていない人はダウンロードしてインストールしておきましょう。

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ
山斗
山斗
以前はiOS用だけでしたが、今はAndroidもメルペイを利用できるようになっています。

インストールしたらアプリを立ち上げてください。

「次へ」のボタンを押します↑。

メールアドレスでの登録以外にGoogleやFacebookのアカウントでも登録ができます↑。

GoogleやFacebookのアカウントを使うと簡単に登録できますが、ここではメールアドレスで登録する場合の流れを紹介します。

メールアドレスやパスワード、ニックネーム、性別(任意)を入力します↑。

招待コードは「XHSHET」を入力するとあなたと僕が300ポイント(300円相当)ずつもらえます。

別に入力しなくてもよいですが、入力しないとあなたも300ポイント貰えないので入力する方がお得だとは思います。

入力が終わったら「次へ」を押して下さい↑。

名前や生年月日を間違えないように入力します↑。終わったら「次へ」を押します。

スマホの電話番号を入力して下さい↑。

SMSで認証番号を送るという案内が出ます。「送る」を押します↑。

スマホに届いた暗証番号を入力して「認証して完了」のボタンを押してください↑。

山斗
山斗
認証番号が届かない場合は、電話で認証番号を聞くのボタンを押して電話で確認しましょう↑。

これでメルペイのインストールと登録が完了しました。

メルペイの初期設定

iPhoneでの設定方法になりますが、Androidも同様の流れで設定できると思います。

iD決済を使うための設定

メルカリアプリの下部にある「メルペイ」のボタンを押します↑。

「売上金・ポイントをお店で使う」のボタンを押してください↑。

「次へ」⇒「設定をはじめる(無料)」の順にボタンを押します↑。

そうするとすぐに電子マネーカードが作成されます↑。「次へ」⇒「電子マネーの情報を追加」の順にボタンを押してください↑。

「次へ」を押します↑。

規約を読んで「同意する」のボタンを押します↑。

この画面が出たらiDの設定は完了です↑。

バーコード(QRコード)決済を使うための設定

メルカリアプリの下部にある「メルペイ」のボタンを押します↑。

「コード払い」のボタンを押して下さい↑。

「設定する」を押します↑。

Touch IDかFace IDで認証して「OK」のボタンを押します↑。

設定する4桁のパスコードを入力します。忘れないように控えておいてください。

これでバーコード決済の設定も完了です。

実際の使い方などは以下のページで解説しています。

メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説メルペイはフリマアプリで有名なメルカリが始めたスマホ決済サービスです。 ペイペイや楽天ペイ、LINE Payなど乱立するスマホ決済...

メルペイに銀行口座を登録する方法

メルペイアプリの下にある「メルペイ」を押します↑。

画面下の方に移動し、「お支払い用銀行口座の登録」のボタンを押します↑。

続いて「銀行口座を登録する」のボタンを押します↑。

使える銀行の一覧が出てきますので、この中から口座のある銀行を選びます↑。

メルペイは三菱UFJ銀行が使える数少ないスマホ決済サービスです。

【メルペイで使える銀行一覧】

・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・イオン銀行
・愛知銀行
・青森銀行
・足利銀行
・伊予銀行
・岩手銀行
・SBJ銀行
・愛媛銀行
・大垣共立銀行
・香川銀行
・北日本銀行
・紀陽銀行
・京都銀行
・京葉銀行
・高知銀行
・四国銀行
・静岡銀行
・じぶん銀行
・大光銀行
・第三銀行
・第四銀行
・大東銀行
・筑邦銀行
・中央銀行
・東和銀行
・徳島銀行
・栃木銀行
・鳥取銀行
・トマト銀行
・富山銀行
・長野銀行
・西日本シティ銀行
・百十四銀行
・福井銀行
・福島銀行
・三重銀行
・みちのく銀行

今回はみずほ銀行を選んでみました。

必要になるものが書かれていますので、読んでから「同意して次へ」を押します↑。

名前や口座番号、住所などを入力します↑。

ここからは選んだ銀行によって流れが違いますが、上記のように詳しく流れが書いてあるのでその通りにやれば登録できます。

この画面がでたら銀行口座の登録は完了しています↑。

メルペイに銀行口座を登録するメリット

銀行口座を登録する前が左の画像で、登録した後が右の画像です↑。

売上金という項目がなくなって、「メルペイ残高」になっていますね。これからは「売上金+銀行からのチャージ」がメルペイ残高として取り扱われます。

これまでは「売上金⇒ポイント」に変換してからじゃないとメルペイでは使用できませんでした。

でもこれからはその面倒な作業をやる必要はありません。売上金はメルペイ残高として取り扱われるので、何もしなくてもメルペイで利用できます。

銀行口座からメルペイにチャージする方法|最低金額は?

銀行口座を登録すると「チャージ(入金)」というボタンが出ますのでそれを押してください↑。

チャージ金額が3000円になっています。このままでよければこのままチャージボタンを押せばよいですが、変更したい場合は緑枠のボタンを押してください↑。

「金額を自由に入力する」のところに1,000~200,000円までの金額を入力できます。

ですのでチャージの最低金額は1,000円になります。

必要な金額を入力したら「決定」のボタンを押します↑。

これで銀行からメルペイ残高にチャージが完了しました。

メルペイへのクレジットカードの登録は?

メルペイにはクレカを登録することはできません。

メルカリの売上金、ポイント、そして銀行からのチャージだけが決済に利用できます。

まとめ

メルカリをガッツリ使っていて、メルペイもどんどん利用しようと思っている人は銀行口座を登録しておくほうが楽になりますね。

メルペイの詳しい仕組みやメリットデメリットに関しては以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。

メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説メルペイはフリマアプリで有名なメルカリが始めたスマホ決済サービスです。 ペイペイや楽天ペイ、LINE Payなど乱立するスマホ決済...